もっと知りたい古物商資格

古物商許可申請のときの経歴書

古物商許可申請のときの経歴書 古物商許可を申請する際に、経歴書が添付書類のひとつとして必要になります。
この文書は過去の経歴を記載することになりますが、履歴書ほど詳細に書く必要はありません。
なぜなら窃盗や文書偽造などの刑事犯罪に手を染めたような御仁が古物商を初めれば、盗品の売買などの犯罪行為に出る可能性が高いと考えられるからです。
そのため詳細な職歴などを記載する必要はなく、入隊者日を含めた職歴を記載し、仮に無職の場合は求職活動中や休職期間と記載すれば問題ありません。
書式は都道府県ごとに若干ことなりますが、氏名・住所に生年月日などの本人確認情報のほかには、職業にかんするあらましを記載することになる点はほぼ同じです。
例えば平成00年0月0日に某社に正社員として入社し、同様に平成00年0月0日に退社したような事実を記入する程度です。
対象期間は申請日からさかのぼって5年間の範囲での職歴などになります。
なお古物商許可については、実務経験等の要件はありません。
無職やアルバイトなどの期間が長いからといって不許可になることはないとされています。

古物商許可を申請する際に必要となる書類にはどんなものがあるか

古物商許可を申請する際に必要となる書類にはどんなものがあるか 古物商許可を取得するためには、営業する店舗の所在地を管轄する警察署に申請書類一式を提出しなければなりません。
申請書類のうち、古物商許可申請書以外で必須になっているのは、本籍地の記載がある住民票の写し、市区町村発行の被後見人や被保佐人、破産者ではないことを示す身分証明書、成年後見登記をされていないことを示す証明書、誓約書、履歴書の5点です。
この他にも、申請者が法人であれば法人登記事項証明書と定款の写しを、賃貸物件で営業する場合は賃貸借契約書のコピーと使用承諾書を、Webサイト上で営業をする場合はドメイン割当通知書のコピーやWHOIS検索の結果画面が印刷された紙を提出する必要があります。

5種類の必須の文書は、個人による申請だと本人と営業所の管理者全員の分を用意すれば良いですが、法人が申請をする場合だと監査役を含む全ての役員の分と管理者全員分を準備しなければなりません。
個人で営業するのであれば1通ずつで足りますが、他にも関係者がいる場合は通数が多くなります。
警察署に提出する際は人数分の提出物が揃っているかどうかをきちんと確認しましょう。

新着情報

◎2018/7/4

古物商許可申請のときの経歴書 の情報を更新しました。

◎2018/5/9

仕入れでも許可は必要 の情報を更新しました。

◎2018/3/6

学生でも許可をとれるの? の情報を更新しました。

◎2018/1/19

許可を早く取得する方法 の情報を更新しました。

◎2017/11/8

古物商許可の期間 の情報を更新しました。

◎2017/8/10

サイトを公開しました

「経歴書 書く」
に関連するツイート
Twitter

今日というか昨日は自己PRシートをまとめたよ~ほんとに何書けばいいかわからん。明日は職務経歴書を再編集して、企業に質問文送って、履歴書を書く。 めんどくさーーい!!

明日は部屋の掃除と職務経歴書書く

求人応募用に履歴書と職務経歴書を作ったが、それっぽいこと書くのにめちゃくちゃ苦労した… 志望動機とか難易度高っけえわ~

職務経歴書は初めて書く人にとっては非常に大変だと思いますが、ネットなどの情報を参考に形式をまねて書くだけでも非常に見栄えが良くなります。

Twitter職務経歴書の書き方@resume_easy

返信 リツイート 昨日 23:13

昨日まで職務経歴書書くことない。ただ物売ってるだけじゃん。経歴なんかねぇわ。 って思ってたんだけど物売ってることも立派な仕事だよね。誰にでも出来ることじゃない。この仕事が出来るのはひと握り。バカは出来ない。 客に「ヘラヘラ笑ってるだけの楽な仕事」って言われすぎて尊厳失ってた。

某オンラインゲームから抜け出せなくなったアニメをみる仕事が残ってんな 冗談じゃなくて仕事なんだよなこれ 職務経歴書にこーゆーのも書くのかな

職務経歴書書くのエネルギーを使いますね…

Twitter丸の内アラサーリーマン@USCPA勉強中@workeraround30

返信 リツイート 昨日 17:31

やっと職務経歴書書き終わった あとは昔の営業実績とか書くだけだけど会社行かないとわからないから月曜日に回す

というかサイト内で散々似たようなの書いたのにワードで職務経歴書書けってなんやねんって思う 今後の人生かかってるから丁寧に書くけどさ

やらなきゃいけないことが多くて逆にやる気でない現象に名前をつけたい 職務経歴書を夕方中に仕上げたいと思ってるのに書くこと多くてもうアレ